黒髪の乙女 in プノンペン

素敵なご縁で日本を飛び出し、チャイナを経てカンボジアへ。そんな私の徒然ブログ。

サンボープレイクック遺跡に行ってきたよ

今年7月にユネスコ世界遺産に認定されたてほやほやの

サンボープレイクック遺跡に行ってきたよ!

 

コンポントムからトゥクでぶーんと。

ホテルで呼んでもらって往復15ドル。

直接交渉したらもっと安くなったかも!

 

遺跡群のあるエリアには普通に人が住んでます。

ここも含めて世界遺産なんだとか。

高床式住居。

f:id:kurokaminootome:20170823114131j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114143j:plain

 

道の両サイドは沼地。牛がいっぱい。

f:id:kurokaminootome:20170823114512j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114524j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114536j:plain

 

道路に大穴空いてたんやろなあ。

夜通ったら間違いなくコーン弾き飛ばすやろ。

f:id:kurokaminootome:20170823114546j:plain

 

生活感あふれてる。※ここは世界遺産

f:id:kurokaminootome:20170823114557j:plain

 

到着。世界遺産なのに屋台とか出てて笑う。

f:id:kurokaminootome:20170823114445j:plain

 

遺跡たち。詳しくはよくわからないので画像でお楽しみください。←

f:id:kurokaminootome:20170823114432j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114324j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114416j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114405j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114355j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114344j:plain

 

アメリカのテレビ局が取材に来てた。

f:id:kurokaminootome:20170823114300j:plain

 

その真横にはなんと!

崩落防止の補強をされた世界遺産に腰かけてたばこ吸ってるおっちゃんが。

カンボジアらしさが如実に表れた一枚です。←

f:id:kurokaminootome:20170823114243j:plain

牛もいっぱい。

f:id:kurokaminootome:20170823114313j:plain

 

早稲田大学の協力によるものなんだってーすごいねー。

f:id:kurokaminootome:20170823114231j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114221j:plain

f:id:kurokaminootome:20170823114208j:plain

何かの卵。←

f:id:kurokaminootome:20170823114156j:plain

 

と、まあこんな感じで世界遺産っぽさは皆無。

歴史がよくわからないので解説とか全くなくてすみません。

 

コンポントムの中心部にはプサーがあって、その周りにホテルが点在。

川のほとりには遊具のある公園もあって、週末の一泊旅行におすすめ!

 

 

 

あでゅー。

市バスが新しくなったよ!

 

そくさばーいてー?(お元気ですか?)

近頃は人恋しさがまあまあだいぶ募ってきてます乙女です。

そもそもお友達とべったりーなタイプじゃないのだけれど

年イチとかとかでぼちぼち会って近況報告することすら

叶わないのねとか思ったらなーんか急に寂しくなって。

というわけで、みなさんカンボジアへあそびにきてね!

旅のプラン立てるのはおまかせあれ!!

おいしいごはん食べてマッサージ三昧できるよ(*'ω'*)

 

 

さて今日はぴっかぴかの市バスのお話。

先月からプノンペン市バスの新路線が開通するとのことで、

中国より新しいバスをたくさん寄贈してもらったんだって。

f:id:kurokaminootome:20170816122940j:plain

こんなの。

ボディカラーは落ち着いたゴールドでいい感じ。

f:id:kurokaminootome:20170816122950j:plain

ちゃんと中国からの援助ですよって名前入り。

ちなみに市バスのシステム構築は日本のJICA(国際協力機構)支援なんだって。

たぶん多くのカンボジア人はそんなこと気にも留めてないんだろうなあ。

f:id:kurokaminootome:20170816123000j:plain

f:id:kurokaminootome:20170816123011j:plain

内装もこんな感じでぴかぴか。

つり革はなし。オレンジのシートは優先座席。

降車ボタンがドアの周囲にしかないのがちょっと不便かな。

 

以前の車両は韓国からのお下がりだったので

ボディもシートも年季が入っていて車内のあちこちにハングル文字が。

f:id:kurokaminootome:20170816122927j:plain

後ろのふたは開けっぱなしで走ってたし。笑

f:id:kurokaminootome:20170816123049j:plain

f:id:kurokaminootome:20170816123058j:plain

旧車両ほぼ全てが大手携帯会社Smartのラッピング広告仕様だったのを

一気に全部広告なしの新車に入れ替えてたけど契約とかどうなってるのかな。

f:id:kurokaminootome:20170816122909j:plain

空の色が綺麗!!バスより空見て空。笑

 

行き先は各路線固定なんだけど、

新しいバスには電光掲示板もついてた。

f:id:kurokaminootome:20170816123023j:plain

表示されるのはクメール語のみなので読めないけど。←

 

あ、上の方で先月から新路線開通って書いたけど

なんとまだ開通していません。新しいバス停ができている様子もなし。

もらうもんだけもらってやっぱやーめたってならないといいけど。

実際、市内中心部から空港を結ぶ鉄道だって日本からの支援で進めてたのに

近隣住民のもう反発で中止に追い込まれたところだし。

こんなことカンボジアでは茶飯事なので、日本もお金ばらまくのやめたらいいのに。

 

f:id:kurokaminootome:20170816123118j:plain

ま、とりあえずこれからも市バスフル活用していきますっ!!

 

 

 

あでゅー。

美味!ミャンマー料理!

 

お盆目前で日本ももう夏真っ盛りかー。

世界天気予報見てると、

最近はこっちよりも日本の方が暑いって日が多い!おそろしや!

あのクマゼミがじゃわじゃわ喚く日本の夏をふと思い出した。

そういえばカンボジアに来てから一度も蝉の声を聞いていない。

ちょっと山の方とかに行くといるらしいけど。

 

 

さて、この夏はなんやかんやで多忙でございます。

その合間を縫って、

表題通りミャンマー料理を試してきたのでそのレビューをば。

 

ミャンマー料理だなんて、タイ料理に近いんかなーくらいで

特に興味を持っていたわけではなかったのですが、

こちらのブログ↓

そろ日和 – 全然がんばらないバックパッカーの世界一周ブログ

でいろいろ紹介されているのを見て急に気になりだして。

あ、ブログ主のwoltくんとは

なんかいろいろ近からず遠からずなご縁があるようで、

なんと記念すべきブログリンク第1号にしていただきました!

f:id:kurokaminootome:20170808013548j:plain

今はインドにいるのかな。

ふらりとついていけたらどんなに楽しい旅になることでしょうと

日々机上旅行で旅飢えをしのいでいる私なのでした。

がんばらないって書いてるけど、がんばってるよ!ちょーがんばってる!

(やっとブログで紹介できた…!遅くなってごめんなさい!!)

 

店舗外観を撮りたかったのだけれど、当時は土砂降りだったため

店内の画像からスタートです。

f:id:kurokaminootome:20170808004753j:plain

f:id:kurokaminootome:20170808004655j:plain

社会科で習った川の名前がそのまま店名になってます。

 

トリップアドバイザーにて高評価らしい。

f:id:kurokaminootome:20170808004952j:plain

ミャンマー料理ってジャンルが狭すぎて戦わずして勝てる感。←

 

謎の置物…と思ったけど楽器っぽいね。

f:id:kurokaminootome:20170808004712j:plain

 

さて気になるメニューをチェック!

f:id:kurokaminootome:20170808004731j:plain

f:id:kurokaminootome:20170808005938j:plain

f:id:kurokaminootome:20170808010001j:plain

f:id:kurokaminootome:20170808010027j:plain

f:id:kurokaminootome:20170808010047j:plain

(これでも一部抜粋)

多いわ!こんなにあったらどれにするか悩むわ!

と思ったけど、味は一緒でメインの具材が違うーとかが多くて

わりと選びやすかったかも。

 

英語名の下にあるころころした文字がビルマ文字と言われるもので

とてもかわいい。全く読めないけど。

 

そんなこんなでお料理が出てまいりました。

f:id:kurokaminootome:20170808004936j:plain

ででん。

 

ポークとポテトのカレー。

f:id:kurokaminootome:20170808004912j:plain

皮つき(もちろん骨も)のバラ肉入り、全体的にフルーティなカレー。

ごはんよりもパンを合わせたい味でした。美味。

 

こちらはお茶っ葉と豆のごはん、スープとサラダのセット。

f:id:kurokaminootome:20170808004845j:plain

まず盛り付けがちょっと謎。赤鬼さんかな?←

あと、サラダ(というかただ切っただけの生野菜)の中心にあるソース。

よく見ると唐辛子がまるっと1本分浮いてます。

こちらの唐辛子はもれなく容赦ない激辛度合い、つまり?

味見だけしてそれ以上深追いはしないことにしました。←

 

肝心のごはんはというと!

塩漬けにされたお茶っ葉の程よい風味と渋みに

いろんな種類のフライドビーンズとナッツの食感が合わさって

とっても楽しい一皿でした!

 

今回は短時間滞在だったのでこの2皿だけオーダーしましたが、

まだまだ気になるメニューがあるのでまた行きます!

ビール1ドルなので飲み会にもいい!!

ミャンマーにも行ってみたくなった!ごはんおいしい!

 

 

 

書きたいこといっぱいだけど

写真撮ってないとかが多くてなかなかまとめにくかったり。

でもがんばる!

 

あでゅー。

廻る!お寿司&お鍋

 

カンボジアって熱帯だし、ただただずっと真夏で

旬とかそういうのはあんまりないのかなーって漠然と思ってたけど

まあまああるっぽい。特にフルーツ。

つい先月まではマンゴーがどこでも山積みたたき売りだったのに、

雨季に入った今はランブータンがそれにとって代わってる。

マンゴスチンもだいぶ安くなってる!テンション上がる!

住んでみないとわからないことってやっぱりたくさんあるね。

 

 

またまたけっこう前のお話。

ShabuShabu&Sushi buffetへ行ってきました。

f:id:kurokaminootome:20170727215635j:plain

店名で完璧にお店の説明してしまってるやーつぅ。

カンボジア人は鍋好きなのか、この手のお店はプノンペンにたくさんあるのです。

「ほら、こないだ見かけたお鍋屋さん。しゃぶしゃぶとお寿司があるとこ。

 えっと、名前は…しゃぶしゃぶあんどすしびゅっふぇ!」

長いわ!そのまんまやし!もうちょっと何か名前なかったんかい!

 

ピークちょっと前に行ったので、わりと綺麗なままのビュッフェ台が撮れました。

お寿司たち。

f:id:kurokaminootome:20170727215903j:plain

生魚のにぎり寿司があるのはちょっとたのしい。

こちらではお寿司って言っても↓こんなロール寿司だけのときも多いので。

f:id:kurokaminootome:20170727215922j:plain

お寿司台の全貌はこんな感じ。

f:id:kurokaminootome:20170727232736j:plain

ロール比率の高さよ。笑

左奥のカラフルなのは、色とりどりのとびっこによるもの。中身は全部一緒。←

大体が日本のコンビニのパック寿司くらいのレベルでした。

 

フルーツはすいかとドラゴンフルーツ。よくある組み合わせ。

f:id:kurokaminootome:20170727215614j:plain

フルーツの左側にある氷の下には生食用二枚貝が。大きめの蛤くらいのサイズ。

お腹壊すのを覚悟して食べてみましたが、何より味というかにおいが無理でした。

やっぱ淡水産なのかなあ。ちなみにお腹は壊しませんでした。せーふ。

 

お鍋とお寿司以外のメニューもちょこちょこあったり。

左上から時計回りに、

顎が鍛えられる(!)ローストポーク、えび天ぷら、炒飯、ペペロンチーノ。

f:id:kurokaminootome:20170727215821j:plain

 

二枚貝のオーブン焼き、手羽から揚げ、ミートボール、コーン炒め。

f:id:kurokaminootome:20170727215844j:plain

保温機能がなくてどれも冷め冷めだったものの

個人的に貝を気に入ってしまって、半熟を気にしつつ結構食べた気がします。

 

充実の薬味コーナー。

f:id:kurokaminootome:20170727220028j:plain

左側にお鍋のたれ6種類、にんにく、激辛唐辛子、ライム。

右側にはガリ、キムチ、フライドオニオン、激辛パパイヤサラダ。

 

写真を撮るのに夢中になっていたら、いつの間にかにぎやかな店内に。

f:id:kurokaminootome:20170727215715j:plain

ファミレスカラーが強いので子どもが多いです。

 

なぜかというと

f:id:kurokaminootome:20170727215756j:plain

f:id:kurokaminootome:20170727215736j:plain

「回転寿司」…ではなく、「回転お鍋の具材」だから!

小さいポーションで回ってくるのでいろいろ食べられて楽しい!

 

お誕生日のお祝いをしているテーブルが。

f:id:kurokaminootome:20170727215656j:plain

ちゃんと店内のBGMがHAPPYBIRTHDAYになってました。

 

そんなこんなでカンボジア的しゃぶしゃぶのレビューでした。

…あ、お鍋の具材全然撮ってへんかった。←

牛豚鶏、練り物お野菜多数、サーモンの頭やヒレとかも。

お鍋好きなのでヘビロテ予定(*'ω'*)

 

 

 

あでゅー。

メコン川クルーズ、と呼ぶには…

 

ご無沙汰しております。

今月は怒涛の忙しさでパソコンを開くことすらままならずでした。

まだまだ課題山積ですがしばし現実逃避でブログ更新いたします。←

かなりタイムラグがあるけど気にしないで…!

 

 

メコン川の渡し船に乗ってきました!

渡し船と言ってもこんな感じの小さなフェリー。

f:id:kurokaminootome:20170703142110j:plain

なんかいろいろ衝撃だったのでざっと流れを書き留めてみる。

 

まずはフェリー乗り場へ向かいます。

f:id:kurokaminootome:20170701184425j:plain

日本のコンビニ、というより自販機レベルでそこかしこにある露店。

 

切羽詰まった感あふれるピクトグラム。

f:id:kurokaminootome:20170703141943j:plain

なぜわざわざ公衆トイレのど真ん前でピクニックをするのでせうか。

 

お、フェリー?ボート?が見えてきた。

f:id:kurokaminootome:20170701184430j:plain

 

料金表があったけど、ぜーんぜん読めない。

f:id:kurokaminootome:20170701184336j:plain

クメール数字でないだけまだマシか。

ちなみに徒歩乗船運賃は1人15円ほど。バイクでも50円弱だったはず。

 

ぴっかぴかのええ車も乗ってきます。

f:id:kurokaminootome:20170701184331j:plain

右側のお兄ちゃんが運賃を回収します。特にチケットなどはなし。

 

いざ乗船。

f:id:kurokaminootome:20170701184420j:plain

タラップを陸に直接どーん。

 

特に案内スタッフもいないので、各自なんとなく前へ詰めていきます。

f:id:kurokaminootome:20170701184414j:plain

大体いっぱいになったら出航する模様。

 

おやつを買い忘れても安心。

f:id:kurokaminootome:20170701184410j:plain

こおろぎとか何かのさなぎも買えます。←

 

クルーズ日和!

f:id:kurokaminootome:20170701184405j:plain

あちらのボートはコカコーラがスポンサーなのでしょうか。

 

遠くに5つ星のソカホテルが見えます。こちらにも後日行きました。

f:id:kurokaminootome:20170701184355j:plain

にしても水の色な。完全に泥水。笑

 

たしか15分くらい?で向こう岸に到着。

f:id:kurokaminootome:20170701184344j:plain

f:id:kurokaminootome:20170701184351j:plain

乗ったとき同様各々のタイミングで砂地に降り立ちます。

 

川の向こう側はこんな感じ。

f:id:kurokaminootome:20170701184340j:plain

未舗装ェ…(;´・ω・)

特に見るところもなく砂埃が凄くて早々に退散しましたとさ。←

 

乗船場所は、クルーズ船などが出ているリバーサイドエリアではなく

NAGAホテル北側のちょっとわかりにくいところ。

地図を貼るのが面倒なので気になる人はお気軽にコメントください。

往復30円のメコン川クルーズ、暇つぶしにおすすめです。笑

 

 

 

3週間以上も更新していなかったのか!

来月からはもう少しゆとりができればいいなあ。

あでゅー

串焼き屋台で夜食を買ったよ

 

最近どうも眠るのがへたっぴな乙女ちゃんだよ。すぉすだぃ。

こっちでは薬局でさくっとメラトニンが買えるからしあわせ。

もうね、すっと眠れる。そしてすっと起きられる。まじで。

問題は、薬局で気軽に買えるものの(サプリメントだから当然)

日本で個人輸入してたときと値段変わらないどころか

まとめて輸入の方が安かった。←

まあ、ほしいときにすぐ買い足せるからよしとしよう。

これを飲めば眠れるのはわかっているんだけど、

飲んだら抗えないレベルの眠気が来るから

そのタイミングを計りかねて結局眠れない乙女でありました。←

 

 

さて本題。

街中のいたるところにある串焼き屋台。

移動販売だったり、決まった場所で売っていたりいろいろ。

f:id:kurokaminootome:20170701043204j:plain

メイクと髪型がまあまあ攻めてるおねーちゃん。

手に持っているのは鶏の脚ではなく足。日本でいうもみじ。

f:id:kurokaminootome:20170701043216j:plain

じゃんじゃん並べていきます。

f:id:kurokaminootome:20170701043159j:plain

画像右側、焼き網の半分以上が鶏の足に占拠されてるの図。

 

串の種類はわりと豊富で、どれにしようか迷っちゃう。

f:id:kurokaminootome:20170701043155j:plain

ウインナーにもいろいろ種類がある。

 

お豆腐とか厚揚げとか。

f:id:kurokaminootome:20170701043146j:plain

大体全部下味をつけてから軽く焼いてある模様。

 

うずらちゃん。骨ごといかないと食べるとこない。←

f:id:kurokaminootome:20170701043211j:plain

自分で食べたい串を選んで容器に入れてから焼き係さんに渡す方式!

 

これはあれ。そう、あれ。frogs。カエルさん。と、何かのお肉。牛かな。

f:id:kurokaminootome:20170701043222j:plain

ええ太ももしてはります。

 

結局買ったのは以下の3種類!お夜食だから控えめ!

f:id:kurokaminootome:20170701043150j:plain

奥から、ぼんじり、カエル、チーズインソーセージ。

甘めのタレがいい味出してます。

これにお野菜とハーブがひとつかみくらいついて150円くらいかな。

1串30-100円くらい。おやつにもぴったり!

しっかり焼いてさえもらえば、

比較的安心して食べられる屋台メニューだと思うよ!お試しあれ!

 

 

 

メラトニンなしでもさすがに眠さの限界が来そう。

あでゅー。

土の上の格闘技

 

クメール(カンボジア)語のTVチャンネルでこんなのやってたよ。

f:id:kurokaminootome:20170627194320j:plain

ストⅡみたい。(今の中学生とかってストⅡなんて知らんねんやろな…。←)

勝敗数に加えて現在の番付も表示されたりしてとってもわかりやすい!

 

モンゴル対ブルガリア。

f:id:kurokaminootome:20170627194333j:plain

出身地のほかには体重とかまで表示されてるー!

日本もこういう放送の仕方をすれば相撲人気が復活するかも?

 

この日勝ったのはもちろん横綱鶴竜。

f:id:kurokaminootome:20170627194328j:plain

相撲をこういう編集で見ることがなかったからちょっと不思議な気分。

 

 

先日歯医者さんへ行ってきた。

カンボジアはとにもかくにも歯科が多いのが気になっていたことを質問。

日本人の歯科医に聞いたところ、大体がモグリらしい。

ちゃんと歯科医師免許を持っているところは少ないそう。

年間数百人しか歯科医師にならないのに、歯医者の数と合わないんだそうで…

( ^ω^)・・・こわっ

 

 

 

あでゅー。

プノンペン積み荷ウォッチング

 

ここ南アジアは熱帯に属しているはずなんですが、

日本の梅雨みたいにだらだらと降り続く雨のおかげで

ずっとじめじめむしむし。地面もぬかるんだまま。

思い出したかのようにゲリラスコールもあるからさらに面倒。

へーんなお天気!

 

さて今回は、道行く乗り物の積み荷を観察してみましたよ!

まずはこちら。あらかわいい。

f:id:kurokaminootome:20170627194316j:plain

ぼうやがちょこんと荷台に。

日本だったら即おまわりさんに止められるやつ。

これはイオンモール前の道なのだけれど、

この道はほんとさまざまな物を積んだ車が走っていくので観察が捗る。

 

続いてはこちら。ふつうのダンプトラック。

f:id:kurokaminootome:20170627194308j:plain

おそらく結婚式会場か何かの設営に使われたもの。

後ろにもびよーんと伸びていて後続車からテールランプは見えず。

結婚式で使われたであろう赤いリボンが注意喚起に使われてて笑う。

日本でも赤い布をつけないといけない決まりがあるもんね!うんうん!

 

バイク2人乗りはよくある光景。

f:id:kurokaminootome:20170627194343j:plain

ただ、このお姉ちゃんたちたぶんJC。JKじゃないっぽい。

免許がいらないからって小学生だって乗ってます。うらやましい。

 

真ん中の白い塊に注目。

f:id:kurokaminootome:20170627194347j:plain

ちゃりんこの荷台が魔改造されて大量のポン菓子がぶら下げられてる。

 

夕方、経済特区から市内中心部へ向かう道にて。

f:id:kurokaminootome:20170627194353j:plain

お仕事おつかれさまです。

 

バイク3台をよーく見てみよう。

f:id:kurokaminootome:20170627194357j:plain

まず先頭、大量のお野菜。

次に画面奥側、ガスボンベ。これコケたら死ぬよね?

いちばんまともそうなのは画面手前側のバイク。

と思いきや、画像右端をよく見てみよう…足?

f:id:kurokaminootome:20170627194402j:plain

リヤカー曳いてました。おねえちゃんが体育座りしてます。

 

ところ変わってこちら。

f:id:kurokaminootome:20170627194408j:plain

大量のティッシュ。急ブレーキで吹っ飛んでいかないのか。

 

親指立ててくれたお兄さん。

f:id:kurokaminootome:20170627194414j:plain

あ、嘘です。シールドあげた瞬間を捉えただけ。笑

ちなみに運んでるのは生身のプリンター。この後大雨が降ったのよ…。

 

これすごくない!?

f:id:kurokaminootome:20170627194419j:plain

ちゃりんこ3台。どうやってくくりつけてあるんか気になる。

 

僧侶たちだってときには積み荷になります。

f:id:kurokaminootome:20170627194424j:plain

10人は乗ってる。笑

お坊さんは、女の人に触れたら今まで積んだ徳が全部なくなっちゃうんだって!

 

おまけ。

f:id:kurokaminootome:20170627194338j:plain

コンテナトレーラーの下にハンモックふたつ。めっちゃ快適そう。

もちろん停車中だよ!

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

あでゅー。

食材リサーチ その3 鶏肉

 

書けることが限られすぎててなかなか更新できずにおります。

悩みに悩んでお得意の食べ物系に走ってしまうわたくし。

次は食べ物以外の話題で何か書きます、たぶん。←

 

今回はお肉シリーズにするつもりが、種類がありすぎて分けました。

まずはこちら、節約料理のメインサポーターむね肉さん。

f:id:kurokaminootome:20170624133613j:plain

海を越えてもお世話になります。

f:id:kurokaminootome:20170624133641j:plain

100g60円くらい。産地?そんなの書いてない←

 

ヒップ。おしりらへん。

f:id:kurokaminootome:20170624133632j:plain

日本とは分け方が違うようで、もも肉からぼんじりまでくっついてます。

↓の上に写っているチキンサイと同じあたり。100g70円くらい。

f:id:kurokaminootome:20170624133617j:plain

↑真ん中に写っているのはささみ。むね肉と同じくらいの値段。

もちろんすじ除去なんてされておりません。

 

これなーんだ

f:id:kurokaminootome:20170624133606j:plain

鶏の血。塩を入れて固めて蒸してあります。

スープやおかゆの具材にします。お豆腐感覚。

私以外でこれ食べてる日本人は見たことない。←

 

お弁当の救世主手羽元さん。

f:id:kurokaminootome:20170624133621j:plain

切り方がワイルドすぎて筋がそのままびよーんと。

 

手羽中。

f:id:kurokaminootome:20170624133624j:plain

グリルしたらおいしいよね!

後の脂の処理が面倒でいつもフライパン調理だけどね!←

 

レバー。LIVERって書くし発音もリヴァなのになんでレバーって言うんだろう。 

f:id:kurokaminootome:20170624133636j:plain

砂ずりとハートとの3種セットとかも売ってます。

 

チキン-ブラック…のヒナ。

f:id:kurokaminootome:20170624133646j:plain

↓こちらが親。

 

f:id:kurokaminootome:20170624133609j:plain

何これ黒い、値段もふつうの鶏肉の倍だし!と思って調べてみたら

たぶん烏骨鶏であることが判明。え、烏骨鶏にしては安い。

まだ食べてないので今度買ってみますぅ。

 

そんなこんなで、るーてぃーんな生活を送っております。

楽しいこと募集。ブログネタにしてほしいことも募集。

時間に追われてるけどすごく暇というわけわからない毎日です。

 

 

 

あでゅー。

屋台ごはん その2

 

絵的にちょっと美しくない感じがするも気にせずこちら。

f:id:kurokaminootome:20170619152559j:plain

クメールカレー。

激甘。恐ろしい砂糖の量。

ハーブの香りはとても素敵なのにもったいない。

こちらではカレーをお米の麺やパンとともに食します。

お椀1杯分のカレーにお椀1杯分の生野菜とさらに麺がついて90円くらい。

いろんなお野菜が入っていてうれしい。ハーブもたっぷり。

f:id:kurokaminootome:20170619152553j:plain

ああ、この甘ささえなければ毎日買いに行くのに。

 

お次は、ばーいさぃちゅるーっ。

f:id:kurokaminootome:20170619152538j:plain

ばーい(ごはん)さぃ(肉)ちゅるーっ(豚)、つまり豚肉ごはん。

甘いたれに漬けた(たぶん干した)豚肉を焼いてごはんにのせたもの。

カップに入っているのは例の如く激甘スープ、

袋入りのお野菜は激甘辛味の素風味のお漬物。

こちらでは朝ごはんのメニューとして定番だそう。計120円。

 

こちらは食べ物ではないけれどどこでも買える屋台メニュー。

f:id:kurokaminootome:20170619152604j:plain

激甘コーヒー。しかも容量ぱない。これで100円ちょい。

砂糖:練乳:コーヒー=1:2:2くらいかな。

こっちのコーヒーはこれがデフォルトなので、いろいろやばい。

 

あとはおまけ!

f:id:kurokaminootome:20170619152543j:plain

f:id:kurokaminootome:20170619152547j:plain

かじりかけでごめんなさい!

ラポップスのアイスバー!無添加が売りのアイスクリーム屋さん。

上はすいか&キウイ、下はココナッツジェラート!おいしすぎた!

けど外が暑いから溶けるのが速すぎて大変だった。笑

1本180円くらい!高級品!お昼ごはん食べられる値段!

こんな風にものの値段の凹凸がすごすぎて、未だによく混乱してます。

 

 

 

あでゅー。

屋台ごはん その1

 

朝早くから夜遅くまでいたるところにある屋台。

屋台と一口に言っても、

BBQ台の周りにプラ椅子並べた簡易店舗型のものから

バイクに調理台くっつけてそこで作ってるもの、

作り置きしたおやつをくくりつけて走り回ってるちゃりんこまで

その形態はさまざま。

そんな屋台で買ってきたものたち中からちょこっとご紹介。

 

焼きそば。

f:id:kurokaminootome:20170619152607j:plain

中華麺と牛肉、もやし、菜っ葉を炒めて卵焼きを乗せたもの。120円くらい。

かったい牛肉なんだけど、細かく刻んだものがたっぷり入っていて食べごたえ◎

味付けをお任せにすると唐辛子をがっつり投入されて激辛になるので、

調理過程をじっと眺めて適宜身振りで指示する必要あり。

オレンジ色のソースはスイートチリソース。

 

こちらも焼きそばっぽいもの。

f:id:kurokaminootome:20170619152611j:plain

茶色い太もやしのようなものは、お米でできた短い麺。

こちらの屋台はキャベツも入ってる。卵なしで100円ちょいくらい。

お店によって具材や味付けが違うので食べ比べるのが楽しい。

 

こんな感じで売ってます。ほんと道端。

f:id:kurokaminootome:20170619152528j:plain

全体がわかるようにほんとはもうちょっと引きで撮りたいんだけど、

大通りに面してて離れると危ない。まじで轢かれる。容赦ない。

だからちょっと内側から撮ってみた。

f:id:kurokaminootome:20170619152519j:plain

こんな感じで手の届く範囲になんでも揃ってます。

ここのお店は卵を焼くお鍋が別な模様。

結構半熟で出されることもあるので、まあまあギャンブルだったりする。←

f:id:kurokaminootome:20170619152524j:plain

屋台ごはん、まだまだたくさんあるのでシリーズ化決定!

ていうかプノンペン、観光するところ少なすぎて食べ物の話題に偏りがち。←

 

 

 

あでゅー。

 

食材リサーチ その2 フルーツ

 

なかなかネタがまとまらず、とりあえず続編。

こちらでの生活に慣れてしまったのか、目新しさを感じにくくなってるかも?

初心忘るべからず。油断すると日本人であることも忘れそう…。←

 

まずはこちら。

f:id:kurokaminootome:20170612161704j:plain

79円かと思いきや…7.9ドル!たっか!え、高い。1つ900円。

王林とかかな。値札には品種より国名載せるのね。さすが日本ブランド。

 

こちらはアメリカ産。

f:id:kurokaminootome:20170612161716j:plain

こちらも輸入物。アメリカ産。値段がぐっと下がります。

でも小ぶりなサイズでひとつ200円オーバーは高いような。

 

続いては幸水っぽい品種の梨。中国産。

f:id:kurokaminootome:20170612161712j:plain

ぜーんぜん甘くなかったり、めっちゃ甘かったりと

当たりはずれが激しいものの、100円弱とお手頃。

 

ニュージーランド産のブルーベリー。

f:id:kurokaminootome:20170612161658j:plain

100gも入ってないと思う。700円超えは日本より高い。

 

イスラエル産のマンダリンオレンジ。

f:id:kurokaminootome:20170612161734j:plain

1kg5.8ドル…ひとつ100円くらいかな。日本ほど気軽に食べられない気が。

 

タンジェリン、たぶんタイ産。

f:id:kurokaminootome:20170612161721j:plain

こちらで売っている中ではいちばん日本のみかんに近い品種。

味の薄いポンカンという感じかな。種も多いし。

 

バナナ。

f:id:kurokaminootome:20170615162628j:plain

バナナの種類は多いです。産地も色も形もさまざま。

これはスタンダードなカンボジア産のもの。モンキーバナナサイズ。

酸味強めで歯ごたえ抜群、もっちりむちむち。

 

ドラゴンフルーツ。

f:id:kurokaminootome:20170615162633j:plain

果肉が白いものと赤いものがあります。味はそこまで変わらない。

 

びわっぽい…?

f:id:kurokaminootome:20170615162637j:plain

と思いきや、プラムマンゴーというフルーツ。

めっちゃ繊維質でめっちゃすっぱい。1回食べたらもういいってなったやつ。←

 

右→パッションフルーツ

左→small apple

f:id:kurokaminootome:20170615162642j:plain

パッションフルーツはまあ良いとして。

small appleてなんやねーんと思って買ってみたら、しぶいすっぱい。

付属の「砂糖塩唐辛子味の素」調味料をつけて食べると破壊力倍増。なんやこれ…

 

最後はこちら。

f:id:kurokaminootome:20170615162647j:plain

その辺の庭木にもいっぱい実ってるマンゴー!

産地や品種によって値段が全然違う。値段に関係なく当たりはずれが大きめ。←

こっちの人は真っ青なしぶいマンゴーもたべちゃうんだぜ…。

 

 

 

次はなんか別のネタ探してきますっ!

あでゅー!

食材リサーチ その1 お野菜

 

こっちのお野菜ってさ、鮮度がほんとイマイチで日持ちしない。

お肉はもっと鮮度がアレなんだけど。←

そもそも暑いし冷蔵輸送とかしてないから仕方ないのかな、

お店に並んでる時点でくたっとなってるのも多い。

だから毎日のようにお買い物に行かねばならないのです。

 

お買い物に行く気力が出なかった日は、

野菜がないからごはんを作るのに苦戦します。

常備菜を作ろうにも冷蔵庫が小さすぎて保存に苦戦するし。

い、言い訳じゃないもんね。←

 

スーパーで買えるお野菜たちの一部を以下にざざっと並べます。

まだまだたくさんあるからシリーズ化しちゃう。

プサー(市場)のほうが種類が多かったりするのだけれど、

店屋のBBAおばさんたちが厳しくてなかなか写真撮れないから。

スーパーとプサーの価格比較もざっくりしてみます。

 

まずはこちら。

FRENCH BEAN、三度豆。

スーパーでは1kg=2.7ドル。プサーでは1kg=1.25ドル

f:id:kurokaminootome:20170612161614j:plain

 

SNOW PEAS、スナップエンドウ。

スーパーでは1kg=6.2ドル。プサーでは1kg=3ドル

f:id:kurokaminootome:20170612161621j:plain

 

オクラ。値札しか写ってへん…笑

スーパーでは1kg=2.5ドル。プサーでは1kg=1ドル

f:id:kurokaminootome:20170612161627j:plain

 

タマリンド。煮物やスープの酸味つけに使われるとか。酸味いらねぇ…←

スーパーでは1kg=1.3ドル。使うことがないのでプサーの価格は未確認。

f:id:kurokaminootome:20170612161632j:plain

 

GREEN PEPPER、青胡椒!!

みんなの良く知るブラックペッパーの生の状態。爽やかな辛み!

スーパーでは1kg=12.3ドル。プサーでは未確認。

f:id:kurokaminootome:20170612161637j:plain

 

なす。市場との価格差はたぶんこれが一番小さい。

スーパーでは1kg=1ドル。プサーでは1kg=0.75ドル

f:id:kurokaminootome:20170612161641j:plain

 

トマト!日本で言うミディトマトくらいのサイズ。酸味強め。

スーパーでは1kg=2.2ドル。プサーでは1kg=1ドル

ミニトマトはもうちょっと高い。

f:id:kurokaminootome:20170612161648j:plain

 

かぼちゃ。

画像にあるものは日本の品種かなんかで高級なもの。1kg=2.5ドル

カンボジア産だとスーパーでは1kg=0.8-1.2ドル。プサーでは1kg=0.65-0.75ドル

f:id:kurokaminootome:20170612161653j:plain

  

ここまで全部プサーのほうが安いやん!

スーパーなんていらんかったんや!って思った方もおられることでしょう。

でもね、プサーって↓こんなところ。

f:id:kurokaminootome:20170613165702j:plain

生肉だろうが生きた鶏だろうが野菜だろうが靴だろうがなんでも地面でフリマ状態。

この画像のプサーは青空市場なのでまだまし。炎天下と言えども風が抜けるから。

建物の中にある市場はもっとやばい。

そもそも暑いし、生肉とか生きた鶏とか魚とか食堂とかの空気が

むわむわした中で見事に全部混ざりあうわけで。

まあそんな中にセレブ気取りなご婦人たちは行けませんよね!

だから高くても涼しい中で優雅にお買い物ができるスーパーが盛況なのです。

私ですら最初はドン引きましたが、10日ほどで適応しました。

慣れって怖い。←

 

相場観をつかむためのいい復習にもなるので、

またこのシリーズで記事を書きます(*'ω'*)

 

 

 

あでゅー。

炒めるだけセットとさば缶

 

何を書けばいいかなと思いながら過ごしていたら

何日も過ぎてしまっていた件について。←

 

毎日ごはんを作る身として

スーパーマーケットやプサー(市場)は生活の一部である。

が、未だに流れがつかめていなくて

キッチンで需要と供給がかみあわないこともしばしば…。

 

日本だったら、レトルトとか冷凍食品にできあいのお惣菜なんていう

便利なものが選べるほどあるけれども、

カンボジアではレトルトも冷食もほぼ全部輸入物しかない。

値段は2倍3倍当たり前。

トップバリュのレトルトカレーに何百円も出せない。笑

お惣菜は、1品100円程度のローカルなおかず屋さんが点在するものの

どれもこれも激甘か激辛激甘か激甘油まみれか激甘川魚だったりするので

なかなか頻繁に使うのは苦しいところがある。

そもそもクメール料理は甘すぎて口に合わない。なんでもギガ加糖。

というわけで、手探りながらもマメにお店に通い、

何があるのかを知り、どう使っていけばよいかを考えているところ。

 

今回はイオンやラッキーで買える、炒めるだけセットをご紹介。

お肉お野菜カット済み、ものによっては調味料つき。

料理名はラベルを参考にしました。

 

中華風豚肉炒めセット。干しエビつき。

f:id:kurokaminootome:20170612101654j:plain

 

野菜炒め。これも豚肉ついてるけど↑のとは部位が違うぽい。

f:id:kurokaminootome:20170612101649j:plain

 

野菜焼きそば。きくらげとか干し椎茸入り。中華麺と春雨が一緒に入ってる…?

f:id:kurokaminootome:20170612101639j:plain

 

こちらも焼きそば。さっきのと何が違うのかは謎。←

f:id:kurokaminootome:20170612101644j:plain

 

上記4品はどれも300円くらい。

ちなみに、食料品売り場すぐ横のフードコートで調理済みのものが同じ値段。

外の屋台で買うと大体3割引き~半額くらい。

…それだったら出来上がりのもん買うわ!てなるやつ。

 

 

お次はさば缶。全部タイ産。ざっと並べてみます。

f:id:kurokaminootome:20170612101753j:plain

f:id:kurokaminootome:20170612101800j:plain

f:id:kurokaminootome:20170612101805j:plain

f:id:kurokaminootome:20170612101810j:plain

どれもこれもトマト煮。

小ぶりなさばが使われていることが多く、脂のりはいまいち。

値段は100円ちょい~200円程度とまちまち。

味は…おいしいのもある!もちろん!

ものによっては、ちょっと手を加えてから…というものも。

いろいろ食べ比べてみよー。

 

こっちでおいしい魚を手に入れるのは難しすぎるから、

安定して青魚が食べられるだけで感謝感激。

やっぱりどこの国でも缶詰の功績は大きいね。

 

ちなみに(自称)さば缶マイスターの私が激推しなのはこれ。

マルハ さば月花みそ煮 200g

マルハ さば月花みそ煮 200g

 

 高くておいしいのは他にもあるけれど、これはお手頃なのにおいしい。

 他にも水煮や煮付があるよ。個人的には水煮推し。

 

 

 

あでゅー。

SAKURAリサイクル

 

Hello, world.

 

このたびブログを始めてみました。

日々徒然なるままに、よしなしごとを記していきます。

このIDが取れてうきうきです。小躍りしちゃう。

 

 

 

さて本題。

 

プノンペンにはリサイクルショップがぽつぽつあります。

 

プサーや街角には家電とか携帯とか洋服の中古屋さんが

たくさんあるのだけれど、それではなくて。

日本にあるような、いわゆる「リサイクルショップ」があるんです。

有名どころだと「良品買館」とか「ハードオフ」も進出済み。

 

今回、プノンペンでは老舗(らしい)SAKURAリサイクルへ。

タイ国境近く、バンテイメンチェイ州にもあるらしい。手広いな。

 

 

とりあえず、入るなり出迎えてくれたのはこちら。

f:id:kurokaminootome:20170607163319j:plain

きゃー!レイちゃーん!カヲルきゅんもいる!

 

…えっとこれなんだったっけ。あ、トースターだ。

ゲーセンの景品か、はたまた懸賞の賞品か何かか。

コンセントとか電圧はもちろん日本仕様。

当然変圧器がないと使えません。

ていうかあっても使えるかどうか微妙。

お値段20ドルなり。使えないのに地味に高い。

 

売られている家電系はほぼすべて日本仕様。

ホコリかぶってたりつまみ取れてたりしてもお構いなし。

昭和のかほりがする電気鍋とかもごろごろ。

しかも大体がヱヴァトースターと同じ価格帯だったんだけど、

まじで誰が買うんだろう。変圧器セットでもいらねー。←

 

お鍋やらなんやら調理器具たちの棚。

f:id:kurokaminootome:20170607163330j:plain

ちなみに右上に写ってる電源コードがついてるのは

金魚運動する機械、脚のせてゆらゆらするやつ。なぜここに。

 

お鍋のふた。

f:id:kurokaminootome:20170607233149j:plain

f:id:kurokaminootome:20170608000117j:plain

2ドルですって。サイズが合えばお得?笑

 

あとはグラスやらお椀などの食器類。

f:id:kurokaminootome:20170607163310j:plain

どこぞの居酒屋からごそっと持ってきましたみたいなのとか、

ばーちゃんちの屋根裏から掘り出してきましたみたいなのとか、

なかなか使うのに勇気がいるというか、

洗っても使いたくない気合い入れて洗わないとって感じのものばかりでした。

 

雑貨コーナー。

f:id:kurokaminootome:20170607163335j:plain

右端に写ってる白い段ボールにはクリスマスツリーが入ってました。

 

ギターもありました。

右側の仏壇は売り物じゃないと思う。きっと。笑

f:id:kurokaminootome:20170607233154j:plain

こちらは仏壇もお供え物も足元に置いておっけーみたい。

お店の奥、正面から入って突き当たったとこにあることが多いです。

 

あとは服とか靴、バッグ、小物類、スポーツ用品などいろいろ。

品揃えは日本のリサイクルショップと変わらなかったのですが、

 

結局何も買わずに出てきちゃいました。

質が…なんというか…ああ、日本で売れないのを持ってきたんだね、みたいな。

 

お店の奥に値付け前の商品の山がありましたが、

押入れふたつ分くらいの塊の中に服やら小物がわちゃっと混在している感じでした。

嵐のツアーTなんかもあったし、ネタ探しには良いかも?笑

 

そんなこんなで、SAKURAリサイクルのれびゅーでした。

 

 

 

読者登録、コメント、DMも大歓迎です。

はてなぶろぐ初心者なので、ぼちぼち書き方学んでいきます。

 

あでゅー。